上と、前を向いて歩こう -R.I.P. for my best friends-

a0013134_4222040.jpg

地震から1週間が経った。
正確に言えば、
いま、このブログを更新しようとしているいまは、
8日とちょっと。

たったこの8日間…というのか、もう8日経ったというべきなのか…
時間の流れさえも、早いんだか、遅いんだかわからなくて、
それだけ
わけのわからない日常が
ただ淡々と過ぎていくわけで。

停電だとか、ダイヤの乱れだとか、出勤すべきとか、
自宅作業だとか、クライアントの売上とか、
撮影がどうのとか、食事会どうしようか…とか
月曜日の歯医者の予約を金曜日に思い出したりとか…

節電に協力しなくちゃと、
暖房や家の電気を1つだけつけて、
寒い部屋の中で着膨れして、
いつも温かい便座に慣れてるのに、座ってみてびっくりしたり。

でもなんか、やればできんじゃん、自分…とか思ってみたり。

リアルにトイレットペーパーが無くなって、
実家に取りに行ったり、
ルミネやスーパーで買い物しようとしたら
すでに閉まってたり…

いつもネオンでチカチカしている新宿南口が
薄暗くて異様な光景だったり、
実家の前の甲州街道の街頭が消えていて、
車のライトがまぶしかったり。

けれど昼間、まちを歩いていると、
どこからともなく春の香りがしてきたり、
子供たちが駆け回っていたり、
老夫婦がベンチに座って日向ぼっこしていたり
桜の木が芽吹いていて、
もうすぐにでも咲きそうだな…なんて思ったり。


そうか、もうちょっとで春がくるんだねって笑ったり。


原発のニュースにビックリしたホストが疎開してこい!
…というので、あわてて国際電話したり…
アメリカでお世話になった人や友達、
そして遠方の友達が心配してメールくれたり…

Twitterで「一人ぼっちは怖い」とつぶやきまくってた私を
心配して何人もの人が励ましてくれたり…

東京都下に住んでいる友達に
停電やダイヤの乱れに関する情報を流したり…

しばらく連絡も取っていなかった人から連絡を受けたり…


こういうときに、人って、自然と助け合うものなんだなって感じたり。


そしてあの地震からちょうど8日経って、
閖上の友人が見つかった。



ちぃとれいな。

車の中で。



確実に助かっていたはずの彼女たちは、
誰かをたすけにいくために、津波に向かっていった。

人一万倍くらい責任感が強くて、機転がきく「ちぃ」と、
笑顔が人一万倍くらいスマイルマークの、ちぃの娘、「れいな」

ふたりともスーパー無敵キャラだったから、
行方不明って知らされたときにも、
どっからヒョッコリ出てくるだろうって
信じて疑わなかった。

発見された…というメールをもらっても、
未だ信じられないでいる。

私たち二人姉妹とちぃの三兄弟は、
年齢も近かったから、リアルな親戚以上に近い関係だったし、
私にとっては、3人とも妹であり、弟だった。

だから毎年夏、閖上に行くことはビックイベントだった。

名取川でしじみを取った。ママが指輪を無くした。
とんぼを初めて触ったのも名取川だった。
閖上海岸はものすごい波が強くて、水が冷たくて、
唇が紫になりながら泳いだ。
たまにサイレンが鳴って、誰か流された!って
走って見に行った。
閖上の花火大会も、家の駐車場でやるバーベキューも、
庭で育ててたとうもろこしやきゅうり。

ちょっと成長した私たちは、
閖上や仙台市の大きなゲーセンやカラオケに行って
夜通し遊んだ。
ボーリングも行ったな。
麗奈がケガをして、真夜中に病院にも行ったよね。
しかもあたしの運転で…。


とにかくほんとにたくさんの思い出があった。

閖上は、

田舎のない私には、間違いなく田舎であり、故郷だった。




地震からちょうど一週間たって、
彼女の妹とおかあさんと電話で話すことができた。

ちぃの妹は、ものすごい電話で明るかった。

「るみちゃん、
 ちぃとれいな、みつかんないよぉー。
 閖上がれきですごいよー。
 くるまぺしゃんこだよー。
 閖上のおうちも外側の階段しか残ってないよー。」

「もう涙も出ないよー。
 でも、もう泣かないって決めたの!大丈夫!」

…。

このとき、被災した現地の人間は、
被災地じゃない人間よりもはるかに強いなって思った。

(注:個人的に言えば、
今回は日本全体が被災者な気もするけど、現実としてね。)



トイレットペーパーがない、パンが買えない、牛乳が買えない。



あほだな…



(注:これは、あくまでも個人的な感想として。)



…と、心の底から思った。



でも同時に、人間は、やっぱり強いんだと痛感した。
すべての物を、一瞬にして失っても、
結局は立ち直るんだ。
目の前にある現実に、立ち向かうしかないんだ。

被災地から遠く離れた東京で、
小さい余震にビクビクしている自分、
くよくよしている場合じゃないなって。
(注:これも、あくまでも個人的な感想。)



泣いて泣いて、くよくよしまくったら、いい加減…



自分もまっすぐ、上と、前を向いて歩きださなければって。




この地震で失ったものは、
本当にはかり知れないほど大きいけれど、
でも必ず、
得るものは、数百倍にも、数万倍にも
デカくなって戻ってくるはず。

事実、この地震で、
自分の中の既成概念というか、なにかがブッ壊れたけど、
いい意味で、
なにか新しい価値観とか、大切なモノが
生み出されているような気がする。



そう信じて、ちぃとれいなに恥じないよう、
あなた達のぶんまで、るみちゃんは、しっかり生きます!


そして、
被災された方々、
大切なヒトを失ってしまった方々、
日本にいるみんな、

いまこそ手をとりあって、立ち上がろう。

亡くなった人の命を無駄にしないように。



R.I.P Chika and Reina.
Thank you for your smiling and everything.
I'll care about your mother,brother and sister.
I promise.
[PR]
by lady_penelope | 2011-03-20 04:23 | +日々是日記


写真も文章も感覚最優先。


by lady_penelope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

+About ROO+

2011年はバージョンUP↑を狙って、さらに飛躍!と意気込むが、さてさて。どうなることやら。
【生息地】
出身地・住んでるところ:
SHIBUYA
出没するところ:
SHINJUKU
第二の故郷:
Andrews NC US
SENDAI
【職】
Web屋さんメイン。
(not designer)
エセカメラマン兼エセライター。
【好物】
Music/Live/旅/写真/本/映画/海外ドラマ/English/DIET/Berlin/チャリ/コトバ/文具 /iPhone/ショウガ/Coffee/平子理沙(平子部所属)...and you!
【旅写真など】
http://fotolica.net/
【最近の写真 】
On Twitpic
http://twitpic.com/photos/fotolica
On Tumblr
http://fotolica.tumblr.com/

Twitter

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
+日々是日記
+ケータイ日記
+CONTAX SL300RT*
+Nikon FM3A
+BESSA-R
+Leica M3
+トイカメ
+日々是美味
+日々是TV&映画
+徒然旅行
+日々是音楽
+日々是読書
+My TOY
+サムライ
+SPORTS
+たからもの
+Artistic Pursuit
+RICOH R10
+GR1s
+日々是おやつ番長
+ROO御殿

記事ランキング

ブログジャンル

その他のジャンル

画像一覧