やれなかったことを、すべてやる。 第3話:ヴィム&ドナータ ヴェンダース 写真展「尾道への旅」

ヴィム&ドナータ ヴェンダース 写真展「尾道への旅」
表参道ヒルズの本館地下3階「O:」というギャラリースペースで開催中。

ううむ…。

きっと19時過ぎていても、人は多いだろうなぁ…と半ば諦めモードでビルに入る。
メイン入口から入らず、表参道交差点よりの出口?付近から入ると、とっても快適。
昼間の人ごみからすると、この時間帯(19時過ぎ)はまだマシかもしれません。

で、写真展。

ヴェンダースは映画監督として有名だけど、
彼は写真も撮っていて、その作品のカラーが、いかにも「アメリカ」な感じがして
すごく好きだった。
そのヴェンダース夫妻が撮った日本ってどんな感じなんだろう???というのが
興味深かったので、かなり期待をして行ってみた。

ところが、このギャラリー。
入場料1,000円も取ります!
そしてギャラリーゆえに、写真の点数もたいしたことありませんっ!

ちきしょー。表参道ヒルズの場所代かよ!

作品自体はとてもステキだった。
ドナータ・ヴェンダースが撮ったモノクロ写真(Leicaで撮影したらしい。)は
全体的に深みを感じさせる作品。
茶器を持った手のシワとか、畳の目とか、鮮明で、かっこよかった。
でも撮っているものの視点は女性的だったかなぁ~。

ヴィム・ヴェンダースが撮ったカラーの写真は、かなり大きく引き伸ばされて展示されていた。
でも、圧倒される…とかではなく、いつも見慣れたポップなカラーが写されているのでもなく、
全く違ったカラーの写真だった。
『尾道』という場所がそうさせているのかな。
グレーに色が乗っかった感じ。

撮影する場所でかなり違いが出るもんだなぁ~と、
当たり前のことなんだけど、感心。

最後にポストカードでも買っていくか…と、見てみると…
なんと1枚200円!!!もするっ!!

あほくさっ!

てなわけで、『表参道ヒルズ』のバブリーな感じにちょっとむかつき、
写真展をあとにするのでした。

ちょこっとお店も見てみたけれど…1F以上に行く気がせず…。

a0013134_3212511.jpg

本日ゲットしたものたち。
あのフリーペーパーの元祖、Dictionaryと思われるフリーペーパーもNADiffでゲット。
[PR]
by lady_penelope | 2006-05-03 23:56 | +日々是日記


写真も文章も感覚最優先。


by lady_penelope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

+About ROO+

2011年はバージョンUP↑を狙って、さらに飛躍!と意気込むが、さてさて。どうなることやら。
【生息地】
出身地・住んでるところ:
SHIBUYA
出没するところ:
SHINJUKU
第二の故郷:
Andrews NC US
SENDAI
【職】
Web屋さんメイン。
(not designer)
エセカメラマン兼エセライター。
【好物】
Music/Live/旅/写真/本/映画/海外ドラマ/English/DIET/Berlin/チャリ/コトバ/文具 /iPhone/ショウガ/Coffee/平子理沙(平子部所属)...and you!
【旅写真など】
http://fotolica.net/
【最近の写真 】
On Twitpic
http://twitpic.com/photos/fotolica
On Tumblr
http://fotolica.tumblr.com/

Twitter

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
+日々是日記
+ケータイ日記
+CONTAX SL300RT*
+Nikon FM3A
+BESSA-R
+Leica M3
+トイカメ
+日々是美味
+日々是TV&映画
+徒然旅行
+日々是音楽
+日々是読書
+My TOY
+サムライ
+SPORTS
+たからもの
+Artistic Pursuit
+RICOH R10
+GR1s
+日々是おやつ番長
+ROO御殿

記事ランキング

ブログジャンル

その他のジャンル

画像一覧