Die Mauer - ベルリンの壁 -

a0013134_762515.jpg
電車に乗ってベルリンの壁を見に行くのです。
ちなみに車窓から見えるのは、東ドイツを象徴するテレビ塔。
クリス曰く「のっぽんBrothers(東京タワーと兄弟)」らしい…。
a0013134_765199.jpg
SバーンのOstbanhof駅を降りて、シュプレー川沿いを目指すと、
ベルリンの壁がずっと続く、Eastside Galleryに。
(駅があまりにも寂しくてびっくりしたけど…汗)
壁画の種類はメッセージ性の強いもの…平和とか、共産主義反対!的なものが
多かった。うぅー、こりゃぁリアルだ…というものや、色遣いが派手なもの、たくさん。
a0013134_772534.jpg
日本の壁画もありました。誰が描いたんだろ…。
a0013134_775332.jpg
で、一番気になったのは、壁画の上にすっごいたくさんの落書き!!!
きれいに保存してあるわけじゃないのよー!!!びっくりだわ!
ぜったいこれ、日本人が描いた落書きじゃないでしょ…。
どうしてみんな自分の名前残したがるのかね…。ベルリンはそういうところがたくさん。
まぁでもこの落書きが、あれかな…混沌としたベルリンな感じかなぁ…うぅむ。
a0013134_783946.jpg
この絵が一番衝撃だった。
何種類かあったのだけど、ソ連時代の書記長と、東ドイツの議長がキスしてるっていう絵。
複雑。

ベルリンの壁って、今回初めて知ったのだけど、
東ドイツの中にあるベルリンという地域が、東と西に分かれていて、
壁は、西側を「囲んでいた」壁。
てっきり、東と西を分断しているものなのだと勘違いしていました。
西ベルリンは囲まれていたんだね…。村上春樹の世界を思い出してしまった。

それに、壁が以外と薄くて、たったこれくらいのうすーい壁が、
人々の自由や平和を妨げていたのかと思うと…やるせなかったです。

※興味のある方はチェキしてみてください http://www.eastsidegallery.com/

[PR]
by lady_penelope | 2007-10-21 08:10 | +徒然旅行


写真も文章も感覚最優先。


by lady_penelope

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

+About ROO+

2011年はバージョンUP↑を狙って、さらに飛躍!と意気込むが、さてさて。どうなることやら。
【生息地】
出身地・住んでるところ:
SHIBUYA
出没するところ:
SHINJUKU
第二の故郷:
Andrews NC US
SENDAI
【職】
Web屋さんメイン。
(not designer)
エセカメラマン兼エセライター。
【好物】
Music/Live/旅/写真/本/映画/海外ドラマ/English/DIET/Berlin/チャリ/コトバ/文具 /iPhone/ショウガ/Coffee/平子理沙(平子部所属)...and you!
【旅写真など】
http://fotolica.net/
【最近の写真 】
On Twitpic
http://twitpic.com/photos/fotolica
On Tumblr
http://fotolica.tumblr.com/

Twitter

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
+日々是日記
+ケータイ日記
+CONTAX SL300RT*
+Nikon FM3A
+BESSA-R
+Leica M3
+トイカメ
+日々是美味
+日々是TV&映画
+徒然旅行
+日々是音楽
+日々是読書
+My TOY
+サムライ
+SPORTS
+たからもの
+Artistic Pursuit
+RICOH R10
+GR1s
+日々是おやつ番長
+ROO御殿

記事ランキング

ブログジャンル

その他のジャンル

画像一覧